アレルギー症状を抑える医薬品

ロリータ

ロリータは抗ヒスタミン剤として多くの人が利用している「クラリチン」のジェネリック医薬品になります。
ロリータはくしゃみや鼻水、鼻詰まりといったアレルギー症状をすでに止めたいという時に利用する薬です。
1日に一度の服用で24時間の効果を得ることができるので忙しい人などから特に高い支持を得ています。

 

ロリータの主成分は「ロラタジン」というもので、ヒスタミンによる作用を抑えることによって身体の中にアレルギー物質が入ってきたとしてもそれに身体が反応しないようにすることが出来ます。
そのため、アレルギー症状を抑えることができるというわけです。
例えば、花粉症などの季節によるアレルギーであったり、ハウスダストやペットの毛などによるアレルギーの緩和などに非常に効果的です。

 

ロリータの主成分である「ロラタジン」は第2世代ヒスタミン剤と言われており、眠気や口の乾きといった副作用が第一世代と比べるととても小さいという特徴があります。
そのため、仕事中などでも服用時と服用していないとき等でほとんど変わりがないため幅広い年代の人が利用しています。

 

●効果・効能
花粉症やハウスダストなどのアレルギー性鼻炎による鼻水や鼻詰まり、目の痒みなどを緩和することが出来ます。

 

●副作用
ロリータの副作用に、眠気や倦怠感、口の乾き、鼻の乾き、吐き気、頭痛、腹痛などが挙げられます。
比較的副作用が出づらいとはいえ、眠気が起こることがあるので車の運転などを行うときには服用を避けるようにしましょう。
また、持病を持っていて何らかの薬を服用している方は使用する前に医師に相談することをおすすめします。